東京 銀座、大人の方向けの仕事帰りに手ぶらで気軽に通える書道教室。はじめて書道を習う方から、書道経験のある方まで幅広く、用途に応じて指導。

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

 

上籠鈍牛(Uegomori Dongyu)プロフィールムービー

上籠 鈍牛(うえごもり・どんぎゅう)

讀賣書法会「理事」
謙慎書道会「常任理事」
日本書蒼院「副理事長」
上籠一門書道研究才幹書院 主宰
銀座書道教室 代表

書家。一九八五年鹿児島生まれ。字を読むことが困難な難読症(ディスレクシア障害)を持つ。障害ゆえに字を書くのではなく空間を描く才能に長け、教育書道から芸術書道、米粒に書く細字から大字揮毫までと、あらゆる書体、規格で高い評価を得る希有の書家として知られる。

七才で初めて筆を取り書道の魅力に取り憑かれると、八才で上野正峰氏に師事し、以降、書道一筋に道を志す。書道の名門松陽高校入学後、有馬雲峰氏、吉田和堂氏、角康葉氏、それぞれの専門に長けた書家に師事し、全国総合文化祭への出展を果たす。

大東文化大学入学後、髙木聖雨氏に師事すると頭角を現す。大学一年時には、伝統書道の最右翼である讀賣書法展にて「入選」受賞、次いで謙慎書道会展で「秀逸」を受賞。大学二年時、讀賣書法展「秀逸」受賞(以後二回)、謙慎書道会展「特選謙慎賞」受賞(以後三回)。大学四年時には、全日本高校大学書道展において「大賞」を受賞し、学生賞を総なめにしてその名を轟かせる。

社会人になっても勢いは止まらず、二二才、謙慎書道会展「推薦顧問賞」受賞、讀賣書法展「特選」受賞。翌年には二三才にして、日本書蒼院副理事長に就任。同年、日本最高峰の芸術展覧会第40回日展において「初入選」を同年最年少で受賞すると、翌年にも連続「入選」を果たし、上籠鈍牛の名を書道界に浸透させる。二六才には、讀賣書法展「奨励賞」受賞。翌年、謙慎書道展「春興賞」受賞。二九歳には、第76回謙慎書道展において「西川賞」を史上最年少受賞、同年、謙慎書道会常任理事に昇格。さらに翌年には、讀賣書法展「讀賣新聞社賞」を受賞し、若干三一才にして讀賣書法会「理事」への昇格を果たす。

現在は、書道の魅力をより多くの大人に知ってもらい、楽しく書に親しめる場づくり、仲間づくりをモットーに、書道教室兼アトリエ「銀座書道教室」を運営している。

profile-written by KATSUNARI TANAKA.
1985年 鹿児島市に生まれる (本名:圭介)
1991年(小1) 親の転勤先(宮崎)で初めて筆を持つ
1992年(小2) 鹿児島に戻り親に懇願の末、書道教室に通う(師:上野正峰)
2000年(高1) 鹿児島県唯一書道コースのある松陽高校に入学 (師:有馬雲峰、吉田和堂、角 康葉)
2002年(高3) 全国総合文化祭に出場
2003年(大1) 大東文化大学書道学科に入学
現在の師 髙木聖雨氏に師事
読売書法展において「入選」受賞
謙慎書道会展において「秀逸」受賞
2004年(大2) 読売書法展において「秀逸」受賞(以後2回)
謙慎書道会展において「特選謙慎賞」受賞(以後3回)
2006年(大4) 全日本高校大学書道展において「大賞」受賞
2007年(22歳) 株式会社ニスクに入社
謙慎書道会展において「推薦顧問賞」受賞
読売書法展において「特選」受賞
2008年(23歳) 日本書蒼院 副理事長に就任
第40回日展において「初入選」その年最年少、翌年連続「入選」
2011年(26歳) 読売書法展において「奨励賞」受賞
2012年(27歳) 謙慎書道展において「春興賞」受賞
2014年(29歳) 第76回謙慎書道展において「西川賞」史上最年少受賞
謙慎書道会 常任理事に昇格
2016年(31歳) 読売書法展において「読売新聞社賞」受賞
読売書法会 理事に昇格
書家として独立

銀座書道教室
TEL 050-3559-7575
受付時間:年中無休 [ 9 – 22時 ]

PAGETOP
Copyright © 銀座書道教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.